フリーエンジニアに捧ぐ、在宅案件調査サイト

気になるフリーエンジニア在宅案件を徹底調査

フリーエンジニアは在宅案件でも高単価を保つべき

リンク

在宅案件でも高単価を保つ

在宅案件でも高単価を保つ

LINEで送る

フリーエンジニアと企業との違い

エンジニアの方で、フリーランスの方と企業との違いは沢山あります。福利厚生の問題や補償の問題等は代表的な違いですが、仕事に関しての大きな違いは、作業できる規模の違いやシステム上自己完結できる案件の違い、仕事上での顧客との関係性など多々あります。中でも、売上に直接関わってくる違いと言えば交渉力です。フリーランスに注文を出してくる発注者の思惑としては、専門の企業発注するよりもフリーランスの方に発注した方が何かしらメリットがあるからこそ注文してきます。例えば、企業発注をするよりもコストを抑えられる、企業と違い柔軟な対応をしてくれそう、多少の無理には答えてくれそう等です。他にも、元々仕事上の信頼関係が成り立っており、この人に任せたら間違いと思ってもらっての注文や、紹介での注文などがります。この時に発注者の考えとしては、企業相手に交渉をするよりもフリーランスの方が何かと交渉がしやすいと考えていますし、選択肢も広いので選択もできます。なので、在宅での仕事をメインに行っているフリーランスのエンジニアの方は交渉を有利に運ぶ事が出来る、というのがポイントになってきます。

サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法へ サラリーマンと違いフリーエンジニアだからこそ好きなことを好きなように仕事をして生活していくことについては、こちらの本が参考になります。 サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法へ

高単価の案件を継続しなければいけない理由

交渉を上手にする事は重要ですが、相手からの要望を常に受け入れてしまう事はフリーランスの方にとっては非常に危険な事になります。その理由としては、一度聞いてしまった要望は次回以降も当たり前の様に要求されてしまうからです、一度安く引き受けてしまうと相手は当然安く済ませたいので、次回もそういった要望を加えてきます。なので、どんな案件であっても高単価を極力保つ事は大切です。単価を下げてしまった時の他の弊害としては、フリーエンジニア同士の価格競争が起こり、最終的には自分達の首を絞める結果になってしまいますし、仕事を紹介された時にも安い単価で仕事せざるをえなくなります。そういった理由から、自分の仕事に誇りをもち極力どんな案件も高単価を貫くのが重要です。

高単価の案件を継続して獲得する為には

とは言え、単純に頑なに要望を断り続けていても相手のある事なので難しいし、仕事が来なくては生活もできません。そこでの打開策としては、単に安い単価で受けるのではなく、特別な値引きという事を請求の明示して強調する事で継続的な安い単価は避ける事ができる可能性があります。他にも、あえて単価を下げる事をせずに何かしらのサービスを加えてあげる等の対応も時として有効です。もちろん先方の予算の問題や、サービスの中身の問題はありますが、自分の負担にならない事で先方のニーズに応える事ができるなら、高単価の案件の維持と先方からの信頼にも繋がります。

おすすめ記事ピックアップ

フリーエンジニアの在宅案件での失敗談

フリーエンジニアの在宅案件は、時間も場所も規制されず、自分の自由なスタイルで仕事をすることができます。その分、しっかりとした自己管理は必須です。体調管理、健康管理、時間の管理、スケジュール管理など、自分自身をマネジメントし、コントロールすることができなければ、フリーエンジニアの在宅ワークは失敗します。他人の目のないところで自分をしっかり管理する、強い意志が必要です。

ゲームプログラマのフリーエンジニア在宅案件

スマートフォン用ゲームの大ブームに乗って、ゲーム開発業界でも在宅案件が増えてきました。ゲーム開発経験を持つゲームプログラマなら、在宅案件の獲得もそう難しくないでしょう。ゲーム開発は圧倒的に経験者が有利になるため、これからゲームプログラマを目指すのであればいきなりフリーの在宅で仕事をとるのは厳しいかもしれません。まずはゲーム開発会社に就職、もしくは常駐で開発経験を積むところからスタートしましょう。

フリーエンジニアのクライアントとの付き合い方

フリーエンジニアにとって、仕事が無いということは、収入が無いということに直結するため、仕事がとれない期間は不安以外の何物でもありません。その不安から、つい無理な仕事を受けてしまう場合がありますが、これは悪循環の始まりです。立場的に弱くなりがちなフリーエンジニアだからこそ、クライアントを選ぶ勇気も必要です。ビジネスにおいて、どちらか片方が損をするような取引は継続しません。双方が利益を生むWinWinの関係でこそ、付き合いは継続します。