フリーエンジニアに捧ぐ、在宅案件調査サイト

気になるフリーエンジニア在宅案件を徹底調査

フリーエンジニアはネットで在宅案件を探そう

リンク

在宅案件ならインターネットを活用

在宅案件ならインターネットを活用

LINEで送る

在宅ワークのススメ

在宅ワークを始めたいと思っている方の中には、探しかたが分からないと踏み出せない方が多くいます。一般的に在宅ワークを探す際に活用するものは、インターネットが基本となります。在宅ワークはネットを活用した仕事が多いため、ネットでの求人検索が一番有効的になるためです。基本的に仕事の在宅案件で多く見られるのが「クラウドソーシング」という募集形態です。クラウドソーシングはネット上に仕事を掲載し、それをみて応募してきた在宅ワーカーの中から、仕事を依頼する人を選び、業務委託するという仕事のやり方です。仕事は単発であることが多いですが、案件や実力次第で継続されることもあります。まずはインターネットで在宅案件を検索してみてください。

フリーランスジョブズの仕事探し

フリーランスジョブズでは案件の紹介手数料完全0円で始めることができます。また、フリーランスジョブズより就業中の技術者を紹介し、一年間就業した場合には最大20万円もの紹介料をもらうことができます。フリーランスでの仕事をしているは、案件がすぐに見つからないという不安を抱いているからが多いですが、そのような不安を取り除けるように、案件終了時から、次案件開始時の期間をなるべく少なく、仕事を安定して行えるように様々なサポートしています。また、フリーランサーそれぞれのスキルを就業しながら取得することも可能なカリキュラムを取り入れており、仕事を幅を更に広げること可能です。

フリーランスジョブズのサイトへ 専任のキャリアアドバイザーが一対一でキャリアプランニングを行っていくので、安心して将来を見据えつつ仕事を行えるのも魅力です。 フリーランスジョブズのサイトへ

エンジニアならレバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、常時800件以上の案件があり、業界でもトップクラスです。高収入の案件が多いのも特徴で、エンジニアが在宅勤務案件を探すには最適なサイトです。

レバテックフリーランスのサイトへ また、フリーエンジニアとして働く人のサポートも充実しており、様々な面で相談に乗ってくれることも嬉しいポイントです。 レバテックフリーランスのサイトへ

SEプランナーで自身のスキルを活かした仕事探し

SEプランナーは派遣会社ではなくシステム会社であることの強みを生かし、フリーエンジニアの方のひとりひとりのスキルを詳細にヒアリングしていくことで、それぞれの方に合った案件のご提案をすることができます。SEプランナーは上位会社との契約内容をすべて公開しているので、どのような契約を結んでいるのかもフリーエンジニアのかたに分かるようにしています。

SEプランナーのサイトへ このように、フリーエンジニアのかたが安心して業務にとりくめる環境づくりを徹底しているので、様々なフリーエンジニアの方に自身のスキルを活用し、安心して利用いただいています。 SEプランナーのサイトへ

まとめ

フリーエンジニア向けの案件が少なくなったといわれていますが、案件は決して少なくなったわけではありません。フリーエンジニアの方の仕事探しの際に重要とされるのは、ご自身のスキルにぴったりとあった案件を探すことです。上記サイトを活用して在宅ワークを成功させてくださいね!

おすすめ記事ピックアップ

フリーエンジニアの在宅案件での失敗談

フリーエンジニアの在宅案件は、時間も場所も規制されず、自分の自由なスタイルで仕事をすることができます。その分、しっかりとした自己管理は必須です。体調管理、健康管理、時間の管理、スケジュール管理など、自分自身をマネジメントし、コントロールすることができなければ、フリーエンジニアの在宅ワークは失敗します。他人の目のないところで自分をしっかり管理する、強い意志が必要です。

ゲームプログラマのフリーエンジニア在宅案件

スマートフォン用ゲームの大ブームに乗って、ゲーム開発業界でも在宅案件が増えてきました。ゲーム開発経験を持つゲームプログラマなら、在宅案件の獲得もそう難しくないでしょう。ゲーム開発は圧倒的に経験者が有利になるため、これからゲームプログラマを目指すのであればいきなりフリーの在宅で仕事をとるのは厳しいかもしれません。まずはゲーム開発会社に就職、もしくは常駐で開発経験を積むところからスタートしましょう。

フリーエンジニアのクライアントとの付き合い方

フリーエンジニアにとって、仕事が無いということは、収入が無いということに直結するため、仕事がとれない期間は不安以外の何物でもありません。その不安から、つい無理な仕事を受けてしまう場合がありますが、これは悪循環の始まりです。立場的に弱くなりがちなフリーエンジニアだからこそ、クライアントを選ぶ勇気も必要です。ビジネスにおいて、どちらか片方が損をするような取引は継続しません。双方が利益を生むWinWinの関係でこそ、付き合いは継続します。