フリーエンジニアに捧ぐ、在宅案件調査サイト

気になるフリーエンジニア在宅案件を徹底調査

ロースキルの方、経験が浅い方にも!初級プログラマの在宅案件

リンク

初級プログラマのフリーエンジニア在宅案件

初級プログラマのフリーエンジニア在宅案件

LINEで送る

フリーエンジニアの在宅案件

俗にいう、「持ち帰りの案件」が受注できれば、在宅でも仕事をすることができます。ただし、その数は極端に少ないでしょう。長い取引があれば別ですが、初めて取引をするフリーエンジニアに対し、目の届かない在宅での仕事を発注する会社はほとんどありません。
可能性がある方法としては、一度常駐案件として出向することです。特に中小企業を狙うとよいでしょう。常駐して目の前で自分をスキルや人間性を見てもらい、信頼してもらうことです。信頼関係が築けるようになったら自宅勤務を提案してみるとよいでしょう。
企業にとっても、フリーエンジニアに在宅勤務をしてもらうことにメリットもあります。自社で作業をしてもらうには、その人の作業スペースを確保する必要があります。それには、デスクや椅子などの什器が必要になりますし、その分の事務所スペースも必要になります。これは、企業にとって間接コストが増えことになるので利益が減ることにつながるのです。また、作業用のPCなども用意しなくてはなりません。通常、在宅勤務の場合は、フリーエンジニアが所有するPCを使用します。企業はその分のコストを削減することができるので信頼できるフリーエンジニアがいれば在宅勤務でも歓迎するところは多いと思います。

初級プログラマでも在宅案件がとれるのか

企業やエージェントの中には、初級プログラマでも在宅案件を紹介していることがあります。近年、利益率を上げるため在宅勤務者を増やしている企業もたくさんあります。
ただし、最初は研修などを受けることが必要な場合も多く、いきなり在宅勤務をするのは難しいかもしれません。また、最初は会社員として会社勤務からスタートしてスキルや実績がついてから独立、在宅勤務を支援するような会社も増えてきました。特に経験が少ないフリーエンジニアの人や、これからフリーエンジニアになりたいと思っている若手の人は、このような会社を活用するのも有効な手段でしょう。
在宅勤務は、家事や育児を両立したい主婦などにたいへん人気があります。いまでは、政府もそのような女性人材の活用にも力を入れている状況です。コミュニケーションの取り方など、課題はありますが、フリーエンジニアに限らず在宅勤務というのはこれから増えてくる働き方かもしれません。家の中には、仕事を阻害する誘惑もたくさん潜んでいますが、しっかり自己管理できる人には生産性があがり、企業にも労働者にもメリットのある働き方といえるでしょう。

おすすめ記事ピックアップ

フリーエンジニアの在宅案件での失敗談

フリーエンジニアの在宅案件は、時間も場所も規制されず、自分の自由なスタイルで仕事をすることができます。その分、しっかりとした自己管理は必須です。体調管理、健康管理、時間の管理、スケジュール管理など、自分自身をマネジメントし、コントロールすることができなければ、フリーエンジニアの在宅ワークは失敗します。他人の目のないところで自分をしっかり管理する、強い意志が必要です。

ゲームプログラマのフリーエンジニア在宅案件

スマートフォン用ゲームの大ブームに乗って、ゲーム開発業界でも在宅案件が増えてきました。ゲーム開発経験を持つゲームプログラマなら、在宅案件の獲得もそう難しくないでしょう。ゲーム開発は圧倒的に経験者が有利になるため、これからゲームプログラマを目指すのであればいきなりフリーの在宅で仕事をとるのは厳しいかもしれません。まずはゲーム開発会社に就職、もしくは常駐で開発経験を積むところからスタートしましょう。

フリーエンジニアのクライアントとの付き合い方

フリーエンジニアにとって、仕事が無いということは、収入が無いということに直結するため、仕事がとれない期間は不安以外の何物でもありません。その不安から、つい無理な仕事を受けてしまう場合がありますが、これは悪循環の始まりです。立場的に弱くなりがちなフリーエンジニアだからこそ、クライアントを選ぶ勇気も必要です。ビジネスにおいて、どちらか片方が損をするような取引は継続しません。双方が利益を生むWinWinの関係でこそ、付き合いは継続します。